2009年06月12日

三谷宏治-正しく決める力


中々面白い本。
自己啓発本というよりも、教育書といった印象が強い。
色々と面白い例が書いてあるが、一番興味深かったのは、10万円で一泊の家族旅行を企画せよという話。

著者はこれを小学生の次女にやらせたらしい。
宿は何を選ぶか、交通機関はどうするのか、どんなレジャーを選ぶのか、そうした選択の中でトレードオフという概念が身につくとのこと。
ここでのポイントは、旅行がはじまったら次女に10万円を渡し、会計を全部そこから出させるということと、次女の指示に従って行動をするということ。
形だけ計画を立てさせて、実際の旅行では親の言う事を聞かされるとなれば、それは片手落ちになる。
学習効果も高いし、何よりこれは楽しかったに違いない。

正しく決める力とは?


1.「重要思考」: 一番大事なことを見定め、3段階で考える
2.「Q&A力」 : 構造化して伝え、大事なことから逃げずに答える
3,「喜捨(きしゃ)法 : 捨てることを強制したり、楽しくする

3.の喜捨というのは、ちょっと誤解されやすいが、上の例のように、正しいトレードオフというような意味合い。

誤植情報等


著者のブログに誤植の情報が出ている。


・P66:(誤)PC-8001向け→(正)PC-8801向け ・P144:(誤)たこてる→(正)たごあきら


『正しく決める力』初版の誤字修正 - 三谷3研ブログ

posted by LetMeLead at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想-雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121323139
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。